1. HOME
  2. リフォームの補助金・減税

リフォームの補助金・減税SUBSIDY

補助金・減税に関する最新のお得な情報とおすすめリンクをご紹介

マイホームをリフォームする場合、住まいの設備に関する補助制度(補助金、助成金など)や税金が控除される減税制度があります。条件を満たせば、どなたでも利用できる制度です。活用できる制度を調べて賢く利用しましょう。

補助金・減税の対象リフォーム

省エネリフォーム

省エネリフォームとは
自然エネルギー導入や省エネ機器導入などで住宅の断熱性や気密性を上げ、家の中の温度の上下変化を少ない構造にし、空調機器の効果を上げるリフォームです。
省エネリフォームの例
太陽光発電設備設置工事
窓、床、天井、壁の断熱リフォーム

耐震リフォーム

耐震リフォームとは
地震に備えて、住まいの基礎、壁、柱などの補強をし、耐震性の向上を図るための補強を行いあなたの家族と財産を守るリフォームです。
耐震リフォームの例
耐震診断/耐震補強工事

バリアフリーリフォーム

バリアフリーリフォームとは
高齢化などに伴って身体機能が低下しても、できる限り自立した生活を続けられるようにする介護リフォームです。
バリアフリーリフォームの例
手すり取付/段差解消/滑りの防止、移動の円滑化の為の床材変更/引き戸等への取替/洋式便器へのリフォーム など

補助金・助成金について

対象のリフォームを行い申請をすると、国や市町村から補助金が交付されます。市町村によって条件や募集期間などもことなりますので、検索サイトで受けられる補助金についてチェックしましょう!

あなたの街の助成金制度をいますぐチェック!

一般社団法人住宅リフォーム推進協議会ホームページにて地方公共団体が実施する補助制度を、都道府県、市町村ごとに検索できます。

▼地方公共団体における住宅リフォームに関する支援制度検索はこちら(外部サイトへ移動します)
地方公共団体における住宅リフォームに関する支援制度検索

見逃せない!お得な情報をピックアップ!

仙台市熱エネルギー有効活用支援補助金省エネリフォーム/補助金

平常時の低炭素化や災害時の適応力向上を推進するため、窓断熱改修または熱エネルギーを有効活用するためのシステム導入を仙台市が支援する制度です。

助成対象工事
  • 窓・壁等の断熱化工事
  • 省エネ設備の設置(熱利用システムやコージェネレーションシステムの導入など)
対象者
  • 仙台市内に居住用住宅を所有している方、または所有する予定の方
  • 仙台市内の建売住宅(補助対象機器付)を購入する方
  • 仙台市内の事業所等を所有している方、または所有する予定の方
    (他に所有者がいる場合、すべての所有者の同意または管理規約への適合等が必要です)
  • 市税を滞納していないこと
補助金額
  • ①窓断熱改修
    補助額:2千~2万円/箇所
    上限額:10万円/1棟あたり
  • 太陽熱利用システム
    補助額:補助対象経費の1/10
    限度額:3万円(自然循環型)・9万円(矯正循環型)・12万円(補助熱源一体型)
  • 地中熱利用システム
    補助額:補助対象経費の1/5
    上限額:50万円
  • 下水熱利用システム
    補助額:補助対象経費の1/3
    上限額:400万円
  • エネファーム
    補助額:13万円/台
    限度額:26万円/1棟あたり
  • 事業用コージェネレーション
    補助額:補助対象経費の1/10
    限度額:100万円
その他詳細・申請先 仙台市ホームページ「仙台市熱エネルギー有効活用支援補助金」ページ

仙台市戸建木造住宅耐震改修工事補助金交付事業耐震リフォーム

仙台市が派遣する耐震診断士の診断の結果倒壊の危険性があると診断され耐震改修工事を実施する方に 工事費用の一部が補助される制度です。

対象
  • 木造の個人住宅であること (※一部店舗等併用住宅は含みますが、構造がツーバイフォー構法・丸太組構法及びプレハブ構法の住宅や用途がアパート、長屋は対象外となります)
  • 建築基準法令に違反していないもの
  • 2階建て以上
  • 昭和56年5月31日以前に建てられたもの
対象者 いずれも件数、予算に限りがあります。
  • 建物の所有者の方
  • 市税を滞納していないこと

※支給には着工前に区役所街並み形成課への事前申請が必要です。
耐震改修工事補助金(仙台市戸建木造住宅耐震改修工事補助金交付事業)
  • 対象工事費(125万円(税抜)まで)の5分の4(最大100万円)
仙台市戸建木造住宅耐震改修工事促進補助金交付事業 下記の要件を満たす場合には、次のいずれかの補助金を上乗せできる場合があります。
  • 耐震改修工事以外の、工事費が10万円以上の工事を行う場合、対象工事費125万円(税抜)までの25分の2(最大10万円)
その他詳細・申請先 仙台市ホームページ「戸建木造住宅耐震改修工事」ページ

介護保険を使った住宅リフォームバリアフリーリフォーム

要介護・要支援の認定を受けた方のご自宅の安全確保や介護のためにのお住まいの住宅の改造費用の9割・8割・7割分(税込最大20万円)が助成される制度です。

助成対象工事 以下の6つの工事のみが対象となります。
下記の工事であっても、本人の身体状況により必要性が認められない場合などは支給対象となりません。
  • 手すりの取り付け
  • 段差の解消
  • 滑りにくい床材に変更
  • 引き戸などへの扉の取り替えやドアノブの取り替えなど
  • 和式便器を洋式便器に取替え
  • その他上記住宅改修に付帯して必要となる住宅改修
対象者 以下の条件を満たす方。
  • 要介護・要支援被保険者が実際に居住するお住まい(住民票があるところ)の改修であること。
  • 要介護・要支援被保険者の身体の状態や、お住まいの状況から必要があると認められる改修であること

※支給には着工前に各市町村への事前申請が必要です。
助成額
  • 助成額の限度は工事費用最高20万円(消費税込)
    ※工事費の9割または8割または7割分を支給
その他詳細・申請先 仙台市ホームページ「介護保険制度における住宅改修制度の概要」ページ
名取市ホームページ「介護保険住宅改修費の受給には「事前申請」が必要です」

仙台市の住宅改造費の助成制度バリアフリーリフォーム

高齢者の日常生活上の安全または便宜を図るためのお住まいの住宅の改造費用を最大で60万円まで助成される制度です。

※介護保険の住宅改修費とあわせて利用することができます。

助成対象工事 玄関、廊下、トイレ、浴室、居室、階段等に高齢者の日常生活上の安全
または便宜を図るための改造を行うもの(調査により必要性を判断します。)
(例)手すりの取り付け、床や浴室の段差解消、和式便器から洋式便器への交換、
引き戸などへの扉の取り替え等
※新築・増築、または購入に際して行う工事を除きます。
対象者 次の4つのすべてに該当する方。
  • 世帯全員が65歳以上
  • 世帯全員が所得税非課税
  • 市税の滞納がないこと
  • 要支援以上の認定を受けている方で、身体機能の低下などのために
    日常生活を営むのに支障があり、居宅の改造が必要な高齢の方
補助金額 次に掲げる3点の機器全てを導入する方に、最大で50万円を交付します。
  • 助成対象工事に要する費用の4分の3の額(限度額60万円)
  • 介護保険の住宅改修費の支給を受ける場合は、全体工事費から保険給付対象工事費(上限20万円)を差し引いた金額を助成対象工事費とします。
その他詳細・申請先 仙台市ホームページ「住宅改造費の助成制度」ページ

減税について

リフォームの種類と
適用可能な制度
所得税額の控除 固定資産税の
減税措置
(家屋)
贈与税の
非課税措置
1年控除 5年控除 10年控除
投資型減税 ローン型減税 住宅ローン
減税
リフォーム
の種類
【1】省エネ
【2】耐震 ---
【3】バリアフリー
【4】増改築
(【1】~【3】を除く)

リフォーム減税関連リンク

このページの先頭へ

  • 良質な商品をお得に!暮らしのリフォームキャンペーン
  • ビフォアアフターご紹介!当社の最新施工事例
  • 住まいに関するお困り事がありましたらお気軽にご相談下さい。

暮らしのリフォーム

エコな住まい作りに

豊かな住まい作りに

安心な住まい作りに