1. HOME
  2. 介護リフォーム

介護リフォームBARRIER FREE

高齢者の方が安心して快適に暮らしが出来るリフォーム

高齢、病気、怪我などによって、身体の機能が低下すると、歩行、や立ち座りなどの日常の動作が負担に感じられたり、転倒などの思わぬ事故に遭ったりする事があります。 また、介護が必要になった場合に介護する側も住み慣れた家の中でも不便を感じられるようになってきます。 このため、介護する側もされる側も快適で質の高い生活をしていくためには、住宅も高齢期の生活に配慮したバリアフリー化が大切になってきます。

仙台リフォームセンターでは介護保険を利用して、介護される側もする側も快適に暮らせるリフォームをご提案いたします。

バリアフリーリフォームの例

手すりの取付

手すりの設置は一番気軽にできるバリアフリーリフォームです。浴室・トイレ・寝室・キッチン・階段・廊下・玄関などに設置し転倒防止はもちろん日常動作をサポートする役割をしてくれます。

【介護保険対象条件】
廊下、便所、浴室、玄関から道路までの通路等に転倒予防もしくは移動または移乗動作に資することを目的として設置するもの。(手すりの形状は二段式、縦付け、横付けなど)

段差の解消

高齢者にとっては少しの段差が転倒の原因になります。浴室・寝室・居室と廊下の段差の他、エクステリアのスロープ設置する事で、今まで億劫になっていた外出も積極的にできます。

【介護保険対象条件】
居室、廊下、便所、浴室、玄関等の各室間の床の段差及び玄関から道路までの通路等の段差又は傾斜を解消するためのもの。(敷居を低くする工事、スロープを設置する工事、浴室の床のかさ上げなど)

引き戸などへの扉の交換

開き戸は押したり引いたりバランスを崩しやすく高齢の方には引き戸で楽な動作で開閉ができる事が理想です。また間口の大きく開く、取っ手の握りやすい引き戸は介護する側も便利です。

【介護保険対象条件】
開き戸を引戸、折り戸、アコーディオンカーテンなどに取替えるといった扉全体の取替えのほか、扉の撤去、ドアノブの変更、戸車の設置など。

床材の交換

滑りやすいフローリングや畳のお部屋・階段などを滑らないカーペットやコルク素材などにするなどに変更する事で、滑りの防止はもちろん、転倒時の衝撃もやわらかく、家の中を安全に移動する事ができます。

【介護保険対象条件】
居室においては畳敷きから板製床材やビニル系床材等への変更、浴室においては床材の滑りにくいものへの変更、通路面においては滑りにくい舗装材への変更等。

洋式便器などへの便器の交換

和式トイレの場合、ご本人の足腰が辛いはもちろん、介護する側も大変です。また便座への立ち座りを補助するために座面の高い機種に取替えることも可能です。

【介護保険対象条件】
和式便器から暖房便座・洗浄機能などが付加されている洋式便器への取替え。すでに洋式の場合はこれらの機能などの付加は「住宅改修」の対象となりません。

その他

介護保険の対象となるリフォームを行った場合、以下のような改修が付帯して必要となります。その場合も介護保険の対象となりますのでまずはご相談下さい。

【介護保険対象条件】
①手すりの取付けのための壁の下地補強など。
②浴室の床段差解消(浴室の床のかさ上げ)に伴う給排水設備工事、スロープの設置に伴う転落や脱輪防止を目的とする柵や立ち上がりの設置など。
③床材の変更のための下地の補強や根太の補強又は、通路面の材料の変更のための路盤の整備など。
④扉の取替えに伴う壁または柱の改修工事など。
⑤ 便器の取替えに伴う給排水設備工事(水洗化または簡易水洗化に係るものを除く)、便器の取替えに伴う床材の変更など。

このページの先頭へ

介護保険や自治体の助成金を利用しよう!

条件により手すりの取り付けや段差の解消など、お客様のお身体に合わせた住宅リフォームが介護保険や助成金の対象となります。仙台リフォームセンターのスタッフがご自宅に伺い、各自治体の制度に沿ってご提案いたしますのでまずはお気軽にご相談ください。

介護保険を使った住宅リフォームバリアフリーリフォーム

要介護・要支援の認定を受けた方のご自宅の安全確保や介護のためにのお住まいの住宅の改造費用の9割または8割(最大18万円)が助成される制度です。

助成対象工事 以下の5つの工事のみが対象となります。
下記の工事であっても、本人の身体状況により必要性が認められない場合などは支給対象となりません。
  • 手すりの取り付け
  • 段差の解消
  • 滑りにくい床材に変更
  • 引き戸などへの扉の取り替えやドアノブの取り替えなど
  • 和式便器を洋式便器に取替え
  • その他上記住宅改修に付帯して必要となる住宅改修
対象者 以下の条件を満たす方。
  • 要介護認定で「要支援・要介護」と認定されていること
  • 改修する住宅の住所が被保険者証の住所と同一で、本人が実際に居住していること
  • ※支給には着工前に各市町村への事前申請が必要です。
助成額
  • 助成額の限度は工事費用最高20万円(支給額18万円) *工事費の9割または8割を支給
  • 介護保険自己負担は1割または一定の収入のある方は2割負担となります。
その他詳細・申請先 仙台市ホームページ
多賀城市ホームページ
名取市ホームページ

仙台市の住宅改造費の助成制度バリアフリーリフォーム

高齢者の日常生活上の安全または便宜を図るためのお住まいの住宅の改造費用を最大で60万円まで助成される制度です。

※介護保険の住宅改修費とあわせて利用することができます。

助成対象工事 玄関、廊下、トイレ、浴室、居室、階段等に高齢者の日常生活上の安全
または便宜を図るための改造を行うもの(調査により必要性を判断します。)
(例)手すりの取り付け、床や浴室の段差解消、和式便器から洋式便器への交換、
引き戸などへの扉の取り替え等
※新築・増築、または購入に際して行う工事を除きます。
対象者 次の4つのすべてに該当する方。
  • 世帯全員が65歳以上
  • 世帯全員が所得税非課税
  • 市税の滞納がないこと
  • 要支援以上の認定を受けている方で、身体機能の低下などのために
    日常生活を営むのに支障があり、居宅の改造が必要な高齢の方
補助金額 次に掲げる3点の機器全てを導入する方に、最大で50万円を交付します。
  • 助成対象工事に要する費用の4分の3の額(限度額60万円)
  • 介護保険の住宅改修費の支給を受ける場合は、全体工事費から保険給付対象工事費(上限20万円)を差し引いた金額を助成対象工事費とします。
その他詳細・申請先 仙台市ホームページ「住宅改造費の助成制度」ページ

あなたの街の助成金制度をいますぐチェック!

一般社団法人住宅リフォーム推進協議会ホームページにて地方公共団体が実施する補助制度を、都道府県、市町村ごとに検索できます。

▼地方公共団体における住宅リフォームに関する支援制度検索はこちら(外部サイトへ移動します)
地方公共団体における住宅リフォームに関する支援制度検索

  • 良質な商品をお得に!暮らしのリフォームキャンペーン
  • ビフォアアフターご紹介!当社の最新施工事例
  • 住まいに関するお困り事がありましたらお気軽にご相談下さい。

暮らしのリフォーム

エコな住まい作りに

豊かな住まい作りに

安心な住まい作りに